スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シアトルあれこれ2

シアトルといえば、スタバ発祥の地。
どうせならということで、第1号店に行ってコーヒー飲んできました。
シカゴに行ったときはマック1号店に行きそびれたので。


ロゴマークがいつもの緑色のやつじゃない(プラスチックのカップにはいつものロゴが書いてありましたが)
DSCN0490.jpg
DSCN0496.jpg


スタバは、パイクプレイスマーケットの近くにあります。
DSCN0455.jpg

DSCN0489.jpg

テレビとかでも有名な魚を投げる店
DSCN0492.jpg


シアトルのランドマーク、スペースニードル。ダウンタウンの北にあります。
グレイズアナトミーでもよく街の風景が挿入されるときに写ってるよね
DSCN0479.jpg

スペースニードルからダウンタウンを見るとこんな感じ
DSCN0483.jpg

逆に、セーフコフィールド近くからダウンタウンを見るとこんな感じ
DSCN0537.jpg



マリナーズストアが入る細長いビル
DSCN0497.jpg

図書館
DSCN0519.jpg


ということでゴールデンウィークの旅行編は終了です。
スポンサーサイト

エアカナダ シアトル→バンクーバー→成田

グランドハイアットをエアポーターの時間に合わせチェックアウト。
グランドハイアットにはエアポーターが停まるので便利。シアトル・タコマ空港(シータック)へ。

エアカナダのチェックインカウンターには、ユナイテッド航空の日本人係員がいた。
アメリカが長いのか、態度はアメリカンでした。


経費削減なのか、
ここ最近はラウンジインビテーションの紙を渡さなくなったのかな。
特にラウンジの案内もされず。


アメリカの厳しいセキュリティチェックを抜け、Nサテライトのレッドカーペットクラブへ。
Nサテライトまではターミナル間を接続しているトレインに乗る。


レッドカーペットクラブは、トレインを降り、出発ロビーへ上がるエスカレーターの裏にある。

出発ロビーの様子。右手に見えるエスカレータの下にラウンジがある
DSCN0565.jpg

レッドカーペットクラブ
北米路線が集まるターミナルだからか、コーヒーと3種類のジュース、果物・パンしか置いてない。
DSCN0564.jpg
この空港も空港全体がワイヤレスインターネット無料であるようだ。
ここで長時間過ごすのは無理だったので、出発ロビーのバーガーキングで朝食して時間をつぶす。



DSCN0566.jpg

jazzはボンバルディアのプロペラ機。
DSCN0567.jpg

全席エコノミー。サービスは水と数種のジュースのみ。


バンクーバー着。
乗り継ぎの入国審査を終え、国際線のメープルリーフラウンジで30分ほどくつろぐ。
DSCN0569.jpg

北米路線向けのラウンジよりも食事が1品(やきそば)多かった。
DSCN0571.jpg
DSCN0570.jpg
DSCN0572.jpg
成田行きの便が近いだけあって、ラウンジ内には日本人が多くいた。


エアカナダの機内のサービスだが、日本語の映画の選択肢が少ない・食事はまずくないが品数が少なくシンプルな印象。持ち帰り可のイヤホンが配られる。カナダが長いのか、日本人のクルーも若干カナディアンな態度であった。


エアカナダのエグゼクティブスイートは1回は乗ってみたい。


夏休みはどこに行きましょうかねぇ。
その前に、夏休みは取れるのかなぁ。

セーフコフィールド

シアトルでの一番の目的、いや今回の旅の一番の目的、それはマリナーズのイチローを応援することであった。

チケットをウェスティン近くにあるマリナーズストアで購入し球場へ向かう。


マリナーズのホームスタジアムであるセーフコフィールドはダウンタウンの南、
フリーライドエリアの南端を徒歩10分ほど南下したところにある。

余談だが、シアトルのダウンタウン中心部はフリーライドエリアというものがあり、
そのエリア内ならば路線バスに無料で乗り降りができるのである。

試合開始まで時間があったので、フリーライドエリアの南端で降り、徒歩でセーフコフィールドへ。

セーフコフィールドの手前には、NFLシアトルシーホークスのホームスタジアムがある。
DSCN0557.jpg
DSCN0457.jpg
奥に見えるのが、セーフコフィールド
DSCN0458.jpg


到着です
DSCN0460.jpg

早めに行けば、選手の練習風景が見れます。選手右端にいるのが通算1500打点のかかったゴジラ松井。この日は対エンゼルス戦。
DSCN0559.jpg
運が良ければ、ホームラン・ファールボールを拾ったり、選手にサインをもらったりできる。

2試合を観戦したのだが、
初日 レイズ戦は寒かったからか、不人気な球団なのか、スタンドはガラ空き。
DSCN0468.jpg

しかし、2日目のエンゼルス戦は、先着3万名にプレゼントがあったり、金曜の夜ということもあり
入場するのに長蛇の列ができていた。
この試合は右翼イチローの真後ろの席で観戦。
DSCN0560.jpg
DSCN0561.jpg

イチロール
DSCN0465.jpg

マリナーズって弱いチームだねぇ。見ていても勝つような気がしないもんね。
我がホームタウンのベイスターズよりも負け癖がついているのでは。



ナイターであれば、試合終了は22時近くになる。
人数が多ければタクシーが便利か。

セーフコフィールド前にも路線バスの停留所があるが
野球開催時はダイヤが変わるようで、少し待つことを覚悟したほうがよい。

待ちたくないという人ならば、10分ほどダウンタウン方向へ歩いてしまうのも良いかも。バスが多いところまで出られるし。夜道なので大勢に紛れて歩けばそこまで心配ないだろう。
むしろ、バスを降りてからホテルまでのダウンタウンの危険な通りを警戒したほうがよいだろう。

ご安全に。

グランドハイアット シアトル

シアトル最後の夜はグランドハイアット シアトルに。

いつ予約しようかと頻繁にハイアットのHPをチェックしていたら、48Hセールというのにたまたま出会ったので、
数十ドル安く購入できた。できればあと数日後なら締め日の関係で、クレジットカードが翌々月払いだったんだけど。

最安の部屋もあったが、コーナースイートが税込み200ドル前後だったので、少し奮発してコーナースイートを予約。これで無料宿泊キャンペーンで1泊無料をゲット!使用期限を考えると、東京かソウルのパークハイアットで使いたいなぁ。



2時すぎにチェックインしたら、まだ部屋がないので3時まで待てとのこと。
入り口にエンゼルスのファンっぽい人がいたのだが、選手が泊まっているとか?3時までの間、松井が出てくるのを期待してロビーに座って待っていたが会えず。泊まってなかったのかも。
DSCN0541.jpg
DSCN0539.jpg
DSCN0540.jpg

3時になりチェックイン。ゴールドパスポートはプラチナなので、特にアップグレードは無し。

スイートなのでリビングとベッドが分かれている。しかし分かれているだけで、広さは普通の部屋とそんなに変わらないかも。
だから安かったんだと納得。
DSCN0542.jpg

部屋に入るとすぐにソファー、デスク、テレビ。右奥に進むと、
DSCN0544.jpg

ベッドルームへの通路
DSCN0545.jpg

その通路の途中にバスルーム。アメニティは北米のハイアットによくあるジンジャーのやつ。
DSCN0546.jpg
DSCN0547.jpg

そしてベッドルーム
DSCN0549.jpg
DSCN0548.jpg

ベッドルームからリビング
DSCN0550.jpg


新しめのホテルだろうか、部屋はキレイ。カーテンは自動。バスローブあり。
ミネラルウォーターは無し。


セールの時に予約できたとはいえ、ほぼ同じ値段だっとことを考えるとウェスティン、シェラトンよりも良い。
SPGプラチナでない人にとっては、ましてやである。

シアトルで泊まった3つの中であれば、ハイアットをオススメする。

松尾翠アナ

普段とは毛色の違う記事をひとつ。


先日、東京競馬場へ遊びに行ってきた。
ゲームをきっかけに競馬に足を踏み入れた私(自分ではダビスタ世代と名付けている)。

私の競馬ピークは中学時代である(笑)いまではGIレースをたまに買うぐらいに落ち着いている。


そんな私を久々に府中へ向かわしめたもの。


それは、、、フジテレビの松尾翠アナウンサーである。



明るく元気・でも若干オタク系女子な感じがする松尾アナ。
最近、大人の色気が増してきたような気がするのは私だけでしょうか。


松尾アナは「みんなのKEIBA」にて、井崎氏の予想コーナーを担当しており、このコーナーはスタジオ外から中継で行われている。
競馬を楽しみつつ、松尾アナにも会えるのではないか。これはぜひ府中に行くしかない、というわけ。


その成果がこちら。
DSCN0589_01.jpg
DSCN0603_1.jpg

松尾アナ、ナイスですね!(笑)

周りにいた人、男女問わず口ぐちに「かわいいなぁ」「やっぱりアナウンサーは違うねぇ」と。
私もそう思いました。大人の女性という雰囲気が出てました。
これで明るく元気なキャラクターなんですから、もう言うこと無いですね!


競馬の仕事を任ぜられ、嫌だと思ったかどうかは定かではないですが、
ブログなどを拝見する限り、競馬の仕事を楽しんでくれているように見受けられます。
この仕事を通じ、松尾アナが競馬を好きになってくれれば、競馬ファンとしては幸いです。

シェラトン シアトル

シアトル2泊目は、ウェスティンから数分歩いたところにあるシェラトンへ。

DSCN0514.jpg

やはりタワーは2つあり、私が泊まったパイクストリートタワーとユニオンストリートタワーがある。

ユニオンストリートタワー側にあるロビー
DSCN0515.jpg

パイクストリートタワーのエレベーター
DSCN0512.jpg


トラディショナルルーム予約だったが、SPG.COMでの予告どおりクラブフロア。

部屋を入ると正面がベッドなど、右手にバスルーム
DSCN0505.jpg
DSCN0500.jpg
DSCN0501.jpg
DSCN0502.jpg

部屋の広さは普通と同じ。
DSCN0503.jpg
DSCN0504.jpg

やっぱりバスローブは無い。コンプリメントの水は1本。バスローブが無いのはシアトル標準か?
ウェスティンほどは古さは感じない。


クラブラウンジだが、私が泊まったパイクストリートタワーにある。
エレベーターホールの真ん前がラウンジの入口。
DSCN0509.jpg
DSCN0513.jpg
座席には名前・部屋番号・チップの額(Gratuity)を書く紙が置いてあった。
恥ずかしながら、Gratuityの意味が分からなかったので書かなかったが。


夕方は野菜やチーズの他には温かいものが2品ほど。あまり腹の足しにはならないけど。
朝食時には果物、各種パン、シリアルぐらい(バンクーバーとほぼ品揃えが同じ)

この辺も北米標準なのか?
台北のシェラトンとかは食事充実してたけどねぇ。アジアとは考え方が違うのかねぇ。


余談だが、この日はNYダウ平均が一時1000ドル急落した日。
DSCN0506.jpg
テレビでは大騒ぎ。

CNCBではジム・クレーマーがいつも通り叫んでいた。
しゃべっている内容は理解出来ていないが、あのテンションは見てるだけで面白い。



ということで、
プラチナ会員のメリットを感じられるのは、ウェスティンとシェラトンでどちらかといえばシェラトン。
次の記事で触れるが、SPG会員でない人にはグランドハイアットの方がオススメできる。

Wに泊まってないので、もし次回シアトルに来る機会があればWも見てみたい。

ウェスティン シアトル

エアポーターがウェスティンの前に停まるので、降りてからガラガラとスーツケースを運ぶ必要は無し。

上の方に少し写っているが、ノースタワーとサウスタワーの2棟がある。
DSCN0498.jpg

トラディショナルルームという最安の部屋を予約。
SPG.COMでは予約がグランドビュー(最上階。広さは変わりなしの部屋)にアップグレードされていたが、明らかに最上階ではない階数が書かれたカードホルダーが渡される。サウスタワーとのこと。

いい部屋ですよ、とか受付のお兄ちゃんが言っていたので、スイートが空いていたのかなと期待したが、
行ってみると、廊下の最奥にあるため2~3平米広くなっているだけの部屋。普通のデラックスルームだと思われる。

ドア入ってすぐ右にクローゼット、その右に洗面とバスルーム
DSCN0451.jpg
DSCN0450.jpg

ドア入って正面にはソファーとベッド
DSCN0452.jpg
DSCN0453.jpg
DSCN0454.jpg


ホテルのHPを見ると、サウスタワーの19~38階の各階にはスイートがあると書かれているが
私は27階だったが、フロア図を見る限りHPの記述と合致するスイートらしき部屋は無さそうだった。
他よりも若干広いこの部屋をスイートと呼んでいるのか、それともサウスタワー27階にはスイートは無いのか。
どちらにせよHPの記述が間違っているのでは?と思った次第。

ロビー、部屋ともに若干の古さを感じる。
バスローブなし、コンプリメントの水も無しと、予告よりダウングレードされた恨みつらみを除いても
私のなかで今回泊まった中では最も残念な評価。

ラウンジが無い、スイートへのアップグレードの運用がなされているのか不明ということからも
プラチナ会員としてのメリットがあまり感じられなかった。

スターウッドの修行者以外には特にオススメというほどではないか。

エアカナダ バンクーバー→シアトル

シャングリラをチェックアウトし空港へ。カナダラインを利用。
DSCN0434.jpg


空港に到着。ラウンジだけでなく空港全体がワイヤレスインターネット接続が無料のようだ。
DSCN0437.jpg

空港では、ニューヨークでテロ未遂があったからか厳しいチェック。
からだをスキャンする機械にもかけられました。
パソコンも試薬でチェック。空港へは余裕を持っていったほうがいいですよ。


北米路線ゲート近くのメープルリーフラウンジで過ごす。
DSCN0438.jpg

ラウンジはこんな感じ
DSCN0439.jpg
DSCN0440.jpg
DSCN0443.jpg
DSCN0441.jpg


パンやサラダ、スープあり。酒もある。
DSCN0444.jpg


私が乗ったボンバルディア機。ボンバルディアってカナダの会社だったっけ?日本では良い印象がないよね。
DSCN0445.jpg

飛んでいる時間は40分も無い。あっという間にシアトル着。

市内へはエアポーターに乗る。

出口00のところにあるカウンターでホテル名を告げると、スーツケースに付けるタグとチケットをくれる。
往復ともにネットなどに載っている時刻表どおりに運行されていた。往復を買って18ドル。
エアポーター


帰りに空港に向かうバスから見えて気付いたのだが、サウンド・トランジット・ライト・レールというダウンタウンと空港を結ぶ2009年12月に開通した交通機関もあるらしい。
サウンド・トランジット・ライト・レール
こちらのほうがかなり安いので、ホテルと駅が近ければ考えてみては。


車窓からみえたセーフコフィールド
DSCN0447.jpg

シアトルのビル群が見えてきた
DSCN0448.jpg


グレイズアナトミーを見て憧れていたシアトル。
先日バンコク便の中でやっていたジェニファー・アニストンの映画の舞台もシアトルだった。(この映画、ロケはバンクーバーで行われていたらしい)

シアトルは坂の多い町。サンフランシスコみたいだねぇ。

バンクーバーあれこれ2

ロドニーズというバンクーバーの有名なオイスターバー。
バンクーバーのおしゃれスポット、イエールタウンにある。

平日の15時~18時はハッピーアワーだそうだ。
DSCN0381.jpg

生ガキ 1piece 1.5ドル、マンハッタンクラムチャウダーは7ドルくらいだったかな。
DSCN0383.jpg


グランビル橋の下にあるグランビル・アイランド
DSCN0391.jpg

パブリックマーケットが有名
DSCN0392.jpg
DSCN0394.jpg

「でも、グランビル・アイランドってちょっと値段が高いらしいよ」という日本人観光客の会話が聞こえたので
お土産をここで買うのはやめときました。


バンクーバーあれこれ

以前、カナダに行って気に入ったのが Tim Hortons というコーヒーショップ(ドーナツ屋?)

DSCN0336.jpg
チョコレート、メープルのドーナッツとコーヒー。これで3.5ドルしないのはうれしい。


私は古い街並みというより高層ビルや再開発地域が好きなので
バンクーバーのウォーターフロントへ。

DSCN0357.jpg
↑左にあるのが聖火台。オリンピック会場があまりにも混雑したので、会場に行かなくても聖火を見れるように、もうひとつ聖火台を作ったんだったと思う。
DSCN0353.jpg


DSCN0351.jpg
DSCN0356.jpg

ウォーターフロントにはパンパシフィックホテルやマリオットが。
DSCN0349.jpg
DSCN0359.jpg

ダウンタウンにはフォーシーズンズも。
シャングリラかここかちょっと迷いました。
DSCN0338.jpg

あと、カナダに本拠地を置く高級ホテルチェーン フェアモントが市内に数軒ありましたね。


ビルばかりを写しているのは私の趣味ですのであしからず。
決して高層ビルばかりの街ではありませんのでご安心ください 笑

Priority Pass

クレジットカードの付帯特典のPriority Passに申し込み。

DSCN0286.jpg

この付帯特典の場合、年3回の利用は無料だが、4回目以降は1回のラウンジ利用につき27ドルかかるというもの。


スターアライアンスに乗っている限りはANAプラチナでラウンジは使えるけど、
スカイチームとかワンワールドに乗った際にでも使えますね。


年内のどこかでフライングブルーのマイルを利用して、東南アジアに行こうと思っていたので
そのときにでも使いましょうかね。

シャングリラ バンクーバー

シャングリラが入るビルは一帯の中で一番高層なビル。
しかし、部屋は15階までの低層階に位置している。上層階にはレジデンスなどがあるようだ。
DSCN0323.jpg


ビルに入るといつものシャングリラの匂いが。
この匂いの素は売っているらしい。(よく拝見させてもらっているブログでも話題になってました)


これは1階。後ろに見えるのはコンシェルジュ
DSCN0426.jpg
DSCN0428.jpg
DSCN0427.jpg


レセプションは地下1階にあるため、エレベーターで地下へ。


スプリングインザシティという朝食・駐車場料金付きレートでスーペリア予約であったが、エグゼクティブバルコニーキングへ2段階アップグレード。
DSCN0410.jpg



リビングとベッドで部屋が分かれているわけではないが、ウェスティンより広さはありそうな印象。
名前の通りバルコニーも付いている。
DSCN0411.jpg
DSCN0415.jpg
DSCN0416.jpg
DSCN0417.jpg
DSCN0418.jpg


新しいホテルだけあって、カーテンは自動、バスルームは豪華(テレビ付き、しかも床暖房されている!)、ipodドック付き、内装や調度品などをとっても、前出の2軒の比ではない。
DSCN0412.jpg
DSCN0414.jpg


アメニティはロクシタン。コンプリメントの水は無かったが、ターンダウンの際に水を1本置いて行ってくれた。
スリッパも歯ブラシも用意されていたのは、今回の旅の中でシャングリラのみ。

朝食付きプランだったので マーケット BY ジャン・ジョルジュ へ。
ビュッフェスタイルではなかった。
DSCN0432.jpg
DSCN0433.jpg



アップグレードがあったので単純には比較できないが、3つの中では抜群にシャングリラが良かった。

さすがシャングリラ、ラグジュアリーホテルブランド。前出の2軒とはレベルが違うと感じた。
最安料金を比較してもおそらく数十ドルしか違わないだろうから、シャングリラをオススメする。



SPGプラチナはアップグレードが謳われているわけだが、
シャングリラはゴールデンサークルのノーマル会員の私に対しても2段階のアップグレードしてくれる。
こんなところが人をシャングリラファンにさせるのだろう。


他の都市に行くときも、そこにシャングリラがあったら是非泊まろうと思う。


シェラトン バンクーバー ウォールセンター

このホテルはノースタワーとサウスタワーに分かれており、どちらにもレセプションがある。
遠くからでも目立つ高層ビルがノースタワー。
DSCN0362.jpg


予約情報からはどちらのタワーか分からなかったので、希望も込めてノースタワーでチェックインしたがサウスタワーにアサイン。
デラックスコーナールームの予約だったが、SPG.COMでの予告どおりスイートへアップグレード。しかもクラブフロアだった。
DSCN0363.jpg

2ベッドルーム。2バスルーム(洗面台は両方に付いているが、片方はシャワーブースのみ、もう一方はシャワーつきのバスタブのみ)。
1人にとっては無駄に広い(笑)というかベッドルームとバスルームそれぞれは普通の広さ。ただ2つずつあるだけ。

ドアを入ると、すぐ右手に洗面所とシャワー
DSCN0364.jpg
DSCN0365.jpg


少し進んで正面にはリビング。左にあるドアは1つ目のベッドルーム
DSCN0366.jpg
DSCN0367.jpg


リビング
DSCN0369.jpg
リビングを逆から。左に見える扉が2つ目のベッドルーム
DSCN0373.jpg
DSCN0370.jpg
そのベッドルームは2つめのバスルームとつながっている
DSCN0371.jpg



コンプリメントの水2本。アメニティはシャイン。
スリッパや歯ブラシは無し。


クラブラウンジはサウスタワーの25階にあり26階ビジネスセンターと螺旋階段でつながっている。
ビジネスセンター
DSCN0402.jpg

ラウンジ
DSCN0404.jpg
DSCN0403.jpg

夕方にはソフトドリンクと野菜・温かいもの2品程度が提供されていた。
朝食は、各種パン・果物・シリアル類が提供されていた。



ノースとサウスでは部屋の雰囲気が違うらしく、特にこだわりがなければ、ノースの方が雰囲気の良い部屋かもしれない。


何かイベントをやっていたのか、今回の旅行で泊まったホテルの中で一番料金が高かった。(税など込みで290ドル)
スイートにアップグレードされたから良いものの、アップグレードなしで290ドルは割りに合わない。
普段は200ドル前後だとは思うが、前出のウェスティン同様、スターウッドにこだわりがない人には、特にオススメとは言えないか。

ウェスティン グランド バンクーバー

早めにホテルに着きすぎて、ホテルに荷物を預けて2時間ほど観光してからチェックイン。
DSCN0303.jpg
DSCN0301.jpg


噂どおりロビーは狭い。というか1フロアに9部屋しかない面積の狭いビル。全室スイートタイプ。
DSCN0299.jpg
DSCN0334.jpg


予約はスタジオスイートだったが、SPG.COMで予約をチェックするとデラックススイートにアップグレードされていた。
ラウンジは無いようなのでプラチナの特典としては部屋のアップグレードぐらいかもしれない。



デラックススイートと聞いて期待してしまったが、台北やバンコクでアップグレードされたスイートと比べるとやや狭い。
バルコニー付き。
DSCN0329.jpg
DSCN0328.jpg
DSCN0330.jpg

バルコニーからの景色
DSCN0332.jpg


上の写真のフロアガイドを見る限り、部屋の広さはどの部屋も大差なさそうだ。


コンプリメントの水は無い。アメニティはホワイトティ(小さいボトルになっている)。
歯ブラシやスリッパは無し。(言えば出してくれるのかは不明)
外観やロビーは綺麗だが、部屋の中(壁・ドア・バスルーム・家具、つまり全てですね)は少し古さを感じた。




全室スイートなので広い部屋を希望する人にはいいのではないか。
ただ、ラウンジも無いのでプラチナ会員としてはあまりメリットは感じなかった。


広い部屋なら他のホテルにもあるだろうから、スターウッドにこだわらない人にもオススメできるかというと疑問。

エアカナダ 成田→バンクーバー

エアカナダでバンクーバーに行ってきました。
オリンピックで見たからという単純な理由で。


GWでエコノミークラスの長蛇の列を尻目にビジネスのカウンターでチェックイン。
そういう私もエコノミーですが 笑

予約時すでに窓側しか空いてなかったのだが、長時間フライトなので通路側がいいなぁと言ったら、
足元が広い非常口席にしてくれた。


いつも通りANAラウンジで過ごした後、搭乗口へ。
ANAラウンジにはFAUCHONのアイスがあることを今回初めて知りました。
DSCN0287.jpg


エコノミーで出る食事はややさびしい印象。
DSCN0289.jpg
DSCN0291.jpg


エアカナダは日本語で見れる映画が少ないのが難点。(ファミリー向けを含め4本ほど)
DSCN0290.jpg
エアカナダは持ち帰り可能なイヤホンが配られる。


そうこうしている間にバンクーバー到着。西海岸は9時間ほどで到着しちゃうので楽ですねぇ。


空港はトロントと雰囲気が似ていて(同じ国だからね)、キレイな感じ。
DSCN0294.jpg
DSCN0295.jpg


入国審査ではバンクーバーでは何を観光するんだと聞かれ、考えてしまいました 笑
街中をぶらぶらすること以外に、特にこれが見たいというものは無かったので。


空港から市内へはカナダラインという電車が便利。
オリンピックに合わせて開業したというカナダライン。ほぼ10分に1本出ていて、乗ると30分で市内へ行ける。
これ最近更新されたガイドブックじゃないと書いてないかもしれないので気をつけてください。
DSCN0297.jpg


ということで、カナダラインに乗ってダウンタウンにあるホテルに向かいます。
プロフィール

Author:ニクソン
元々はホテル・旅行のブログだったのに
ヲタブログ化(笑)
最近の興味は専ら、NMB48・AKB48など。

推しメンは
・門脇佳奈子さん
・田野優花さん
・山本彩さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。