スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリラ北京

バンクーバーでの滞在が大変良かったので、北京でもシャングリラ北京に宿泊。

やっぱりロビーは豪華。シャングリラの香りがたまらない。
DSCN0883.jpg

庭園もあります
DSCN0884.jpg


アップグレードしてくれるのかなぁと少し期待していたが、特になし。ガーデンウィングのデラックスツイン。
今まで行ったシャングリラでは、深セン福田でもアップグレードされなかったので
中国国内はシビアなのだろうか?


部屋はこんな感じ。
夜だったのですでにターンダウンされていた。
DSCN0877.jpg
DSCN0878.jpg
テレビがブラウン管。
DSCN0879.jpg
バスルームがやや狭いかな。
DSCN0875.jpg
アメニティもロクシタンでは無い。中国では標準装備ではないのか?バレーウィングからか?
DSCN0876.jpg


ロビーは広く豪華だが、部屋の設備・アメニティがやや残念。
水も小さなボトルであった。


朝食付きプランを予約したので、朝食は「Cafe茶」で。普通に食べたら一人3000円。
DSCN0882.jpg
DSCN0881.jpg



中心部から外れたところにあり、観光には不向きか。
隣のビルにケンタッキーあり。周りは地元の人が暮らしている街という感じ。


立地の不利を考えても、バレーウィングならば良いのではないか(部屋は見てないが)

しかし、ここのガーデンウィングに泊まるならば、中心部にあるケリーセンターの方がいいかもしれない。
少なくとも次回から私はそうします。
ガーデンウィングではシャングリラに来たという感動が無いもんなぁ。

スポンサーサイト

ウェスティン北京金融街

ホテル間はタクシーで移動し、ウェスティン北京金融街に到着。
2006年にオープンしたという新しめのホテル。
DSCN0866.jpg
地下鉄2号線の阜成門が最寄りだが5分以上は歩く。


前出の北京朝陽もそうだったが、欧米系は機能的にシンプルに作られているのだろうか。
ロビーを入っても高級ホテルに来たという感動は無いんだよなぁ。
DSCN0865.jpg
DSCN0864.jpg


ちなみに街中を観光中に撮ったシャングリラケリーセンターのロビー
DSCN0828.jpg

チャイナワールドホテルのロビー
DSCN0836.jpg
ちょっと豪華な感じがするよね。


予約は税等込みで1500元弱。
ウェスティンルームからエグゼクティブフロアツインにアップグレード。広さは変わらずだったので、エグゼクティブフロアじゃなくていいから少し広めの部屋がいいんだけどなぁ。
プラチナは26階のラウンジにアクセス可能です。

DSCN0840.jpg
DSCN0839.jpg
DSCN0838.jpg
朝陽には2セットあったバスアメニティ、こちらは1セットのみ。
バスルームも狭めでした。

カクテルタイムにラウンジへ。串に刺した肉や小さい肉まんや小さい春巻きなど数種の料理。
DSCN0861.jpg
DSCN0858.jpg
DSCN0860.jpg


駅から少し遠い(5分以上)ので地下鉄での観光には向かないか。
常にタクシー移動とか金融街への出張の人ならば問題ないだろうが。


どちらかのウェスティンかと言われれば朝陽をオススメする。
理由は駅から近い、値段が安い、広いから。

ここは金融街だからか、値段が安いというわけではない。予約時のレート1300元(税とか入れると1500弱)を考えると、ここの料金に数千円足してセントレジスでもいいのでは?と思った。


私のような地下鉄での観光+SPG修行という人間にはこのホテルは向かないように感じる。
SPGにこだわらない人ならなおさら。1500元なら他に選択肢がたくさんあるもんねぇ。

ウェスティン北京朝陽

市内北東部にあるウェスティン北京朝陽に宿泊。

DSCN0782.jpg

最寄り駅は、地下鉄10号線の亮馬橋。A出口の目の前がホテル。
DSCN0783.jpg

王府井や天安門など中心部へは、地下鉄で10駅ほどあり、乗換えが必要なのがネック。
ただ、万里の長城シェラトンやヒルトン北京なども近くにあるので、この駅周辺に泊まる人も多いのでは。


市内でも空港に近い方に位置しており、オリンピック会場へのアクセスも良いので
北京オリンピック観戦には重宝したでしょう(笑)



RedHotDealで税込1000元弱。
ウェスティンデラックスからプリファードゲストフロアのリニューアルルームへアップグレード。
DSCN0772.jpg
DSCN0773.jpg
DSCN0774.jpg
DSCN0776.jpg
DSCN0778.jpg


プラチナは34階にあるラウンジを使用可。
水は4本。ターンダウンでもさらに追加。

少し古さを感じなくもないが、部屋の広さは十分か。足のマッサージ器あります。
バスタブにはテレビあり。

水圧が弱かったのが難点だが、アメニティ・設備的に不足は無いと感じた。


朝食時のラウンジはこんな感じ
DSCN0809.jpg

カウンターが左右にあり、片側は中華メニュー、もう一方は欧米メニューであった
DSCN0811.jpg
DSCN0814.jpg


中心部の端にあるとはいえ、駅の近くはやっぱり便利。値段も安めだし、
後述するもう1つのウェスティンと比べるなら、こちらをオススメする。

ANA 羽田⇒北京

夏休み第一弾は北京へ。

行き帰り羽田がよかったんだけど、満席だったので往路だけ羽田です。


羽田のラウンジがショボいからか、各社相乗りで混んでいるからか
ラウンジ券が1000円分の金券として使えるらしい。初めて知りました。


満席ではなかったので当然アップグレード無し。
各方面で話題となっている当日の有償アップグレードが普通になれば
インボラなんて無くなるんだろなぁ。



リムジンで飛行機まで移動
DSCN0758.jpg


最近、機内食は胃もたれするんだよねぇ。ビジネスの食事なら違うのかな。
DSCN0759.jpg



機内では特筆すべきこともなく北京に到着。
初北京です!


飛行機を降りると、中国の調味料の匂いがする。
その国の匂いってあるよねぇ。日本は醤油の匂いがするとか。
DSCN0760.jpg
DSCN0763.jpg
DSCN0769.jpg


首都空港は新しい空港で、北京市内から北東の方向にあります。

アクセスとしては、電車・リムジンバス・タクシーくらいですかね。
リムジンは一律16元。タクシーはだいたい120元~でしょうか(1元のサーチャージと高速代10元が込みで)。


ちなみに、私はリムジンバスを利用してみました。
行き先を見たら、ホテルの近くの地下鉄駅の名前が書いてあったので、ホテル前で降りられることを期待して。



結果はというと・・・バスは駅前に停まるのではありませんでした。幹線沿いのバス停で降車です。
ということで、ホテルの目の前まで行きたいならタクシーですね。


さて、北京のホテルはどんな感じなのでしょうか。

SPG 新プロモ

出ましたね~
SPGの新プロモ。

やや期待外れかな。
SPG 新プロモ

人によって少し内容が異なるようですよ。


とはいっても、いろいろな人のブログ・コメントを見る限り
もらえるポイント数が違う程度で大きな差は無いのかと。


景気が回復してきてますからね。
昨年のような大判振る舞いのプロモは出ないのかもしれませんねぇ。


ちなみに私は、4000ポイントを選択しました。

ロイヤルパークホテル

ロイヤルパークホテルに行ってきました。

カメラは持ってなかったので、文章だけになります。

水天宮前駅に直結していて大変便利なこのホテル。
「新参者」で注目の人形町の近くですね。


友人が予約したのでよく分からないですが、ホームページの写真を見る限り
泊まったのはスタンダードツイン(26㎡)だと思います。

最近のホテル滞在はアップグレードがあるおかげもあり、20㎡代に泊まったのは久しぶり。
若干狭いと感じたのは私の贅沢でしょうか。

浴衣やスリッパ、お茶などは揃っているので、問題はありません。
シャンプーとリンスはホテルオリジナルの容器に入っていましたが、サラと書いてありました。カネボウですかね。

滞在に問題は無かったですが、敢えて言うなら、バスローブが無い、コンタクトの保存液セットが有料であったこと、無料のミネラルウォーターがない、テレビが小さい、といったあたりでしょうか。


今回はホテルでのイベントに参加したため、割引料金で泊まりました。
なので一休.comで実勢価格を見てみましたが、20時チェックインなどの条件悪い特殊なプランを除けば、1部屋25000円以上はするんじゃないんでしょうか?

公私ともに日本橋界隈に行くことはほとんどないため
今後もあまり利用する機会は無いんじゃないかと思います。
プロフィール

ニクソン

Author:ニクソン
元々はホテル・旅行のブログだったのに
ヲタブログ化(笑)
最近の興味は専ら、NMB48・AKB48など。

推しメンは
・門脇佳奈子さん
・田野優花さん
・山本彩さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。