スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバーの体調不良が続いているが・・・

怪我や体調不良になるメンバーが多いですね。

少ない睡眠時間でバリバリ働いてますからね。


私たちファンの前に出てきてくれる機会が多いのは大変うれしいのですが
体調を崩してしまったり、怪我してしまっては元も子もないですので。



「見逃した君たちへ」についても、各セットリスト1度のために振りを覚えなおす(新しく振りを覚える)のは
もったいない気がしますね。2・3回やればいいと思うんですが。

土日がNMB、SKEということは、劇場の方では研究生あたりが3回公演やるんでしょうかね。
スポンサーサイト

ANA 羽田⇒広島

国内旅行シリーズ


今回の目的地は広島。
以前のエントリで書いたとおり、広島の全国握手会に行くのが目的の1つ。

もう1つは広島に新しくできたホテルに泊まること。

観光の予定は一切ありません(笑)



ということで、昼過ぎまで寝て夕方の便で広島へ。


国内線に頻繁に乗るわけではないので、良く分からないが
新しめの内装の機材であった。
DSCN2017.jpg
DSCN2018.jpg
機内後方だったのでガラガラ。前方は多少は埋まっていたが。曜日時間帯が悪いのか。


ほぼ予定通りに広島に到着。

広島空港から市内まではリムジンバスで。
リムジンバス乗り場のホテル案内には、まだシェラトン広島は載ってません。
係員に聞いても、どこ行きに乗ればいいのか、すぐには出てこない状況。

リムジンバスは、往復で2400弱でした。
片道で買うよりお得になってるようです。

市内までは45分と、地方空港にありがちな不便な立地。
新幹線口という広島駅の栄えてない方?に到着です。

「見逃した君たちへ」~AKB48グループ全公演~

トガブロにアップされた記事です。

以下、引用

-----------------------------------

■イベントタイトル
「見逃した君たちへ」~AKB48グループ全公演~
 

■会場
TOKYO DOME CITY HALL (旧名:JCBホール)
 

■開催日
2011年5月24日(火)~6月12日(日)
 

●5/24(火) K5th「逆上がり」公演
●5/25(水) K4th「最終ベルが鳴る」公演
●5/26(木) H2nd「夢を死なせるわけにいかない」公演
●5/27(金) SDN1st「誘惑のガーター」公演
●5/28(土) A2nd「会いたかった」公演
●5/29(日) B3rd「パジャマドライブ」公演
●5/30(月) A5th「恋愛禁止条例」公演
●5/31(火) A6th「目撃者」公演
●6/1(水)  K6th「RESET」公演
●6/2(木)  A4th「ただいま恋愛中」公演
●6/3(金)  B4th「アイドルの夜明け」公演
●6/4(土)  A3rd「誰かのために」公演
●6/5(日)  K2nd「青春ガールズ」公演
●6/6(月)  H1st「僕の太陽」公演
●6/7(火)  K3rd「脳内パラダイス」公演
●6/8(水)  B5th「シアターの女神」公演
●6/9(木)  休演日
●6/10(金) S2nd「手をつなぎながら」公演
●6/11(土) S3rd「制服の芽」公演
●6/12(日) A1st「PARTYが始まるよ」公演

 

※出演メンバー情報、及び、チケット発売情報につきましては、近日、別エントリーにて発表致します。

-------------------------------------

私のような新規には、リアルタイムでは見た事ない公演なので大変興味があります。

日によって公演が違うので、私の場合、平日ならば休暇を取得するしかなさそうです。


並行して劇場では通常の公演もやってくれれば文句ないのですが、そこはまだ触れられてないですね。

メンバーはどうなるのでしょうねぇ。旧チームでやるのでしょうか?



いろいろ仕掛けてきますねぇ。
横アリで発表する予定だった内容なのでしょうか。まだまだ隠し玉があるのでしょうか。
楽しみです。

SPGの新プロモ

SPGの新プロモが始まりますね。


2011年5月1日~7月31日までSPG参加の1,000軒以上のホテルまたはリゾートのいずれかにて、3滞在ごとに、リゾートで利用できる無料宿泊特典1泊分。


特典を使えるのがリゾートのみというのが、使い勝手が悪い。


リーマンショックから立ち直り、稼働率が上がってきたのでしょう。
景気のよいプロモが出ませんねぇ。


去年ダブルカウント無かったし、今年も無いのかなぁ。

「Everyday、カチューシャ」の劇場版の人気順は

おもしろおかしい記事を書くCゾーさんより引用


「Everyday、カチューシャ」の劇場版の人気順だそうです。
このランキングはちゃんと分析してそうです。見ていて違和感は無いですね。

------------------------------

1位 大島優子
同率1位 柏木由紀
3位 前田敦子
4位 高橋みなみ
5位 渡辺麻友
6位 篠田麻里子
7位 小嶋陽菜
8位 指原莉乃
9位 板野友美
同率9位 宮澤佐江
同率9位 北原里英
同率9位 高城亜樹
13位 峯岸みなみ
14位 横山由依
15位 倉持明日香
16位 河西智美
17位 佐藤亜美菜
18位 増田有華
19位 大場美奈
20位 菊地あやか

----------------------------

やはり総選挙などの人気がベースで
握手会でのファン対応で若干順位が上下しているという感じでしょうか。

そいういう意味では、妥当な順位かと。


柏木さんはこれを総選挙につなげて、5位以内に入ってほしいですね。
指原さん・横山さんは、推されてますからね。順位上がるでしょうね。

大場さんが入っているのが9期好きとしては嬉しいです。
MCも面白いし、握手会対応も良さそうですからねぇ。
フレッシュレモンというキャラの立った人を除けば、研究生では1番人気なのかもしれませんね。


そんなに推されてる印象のないところでは、
増田さん、菊地さん。

増田さんはゆっぱい効果か(笑)
今回選抜入りしたし、実力派がいよいよという感じでしょうか。


菊地さんも今回選抜入りしましたしねぇ。

これは後日載せますが先日、菊地さん含めメンバー数人を間近で見かける機会があったのですが
菊地さんは美人だなぁと感じました。明るく元気な印象もありますし。

スキャンダルで遠回りした感はありますが、それを乗り越え選抜入りということは運営の期待の表れかと。
見てる人は見てるなぁと感心の20位です。

ANA 台北松山⇒羽田

ルメリディアンで朝食をとったあと、ラウンジでチェックアウトを済ませ、松山機場へ。


せっかく市内にある松山機場なので、ケチってMRTで行こうかとも思ったが、
荷物が重いこともあり断念。
タクシーで向かいます。


ルメリディアンから15分ほどでしょうか。170ドルでした。近いし、やっぱりタクシーも安い。
外観は古い感じ。
DSCN2010.jpg
入ってみると、中も古い感じ。
DSCN2011.jpg

チェックインでは、席を前方にしましたと言われ、PYかと少し期待したのだが、結局PYではありませんでした。


スタアラ金が使えるラウンジへ。
ラウンジはキレイでした。国際線にあわせて改装したのでしょうか。
DSCN2012.jpg
DSCN2013.jpg
DSCN2014.jpg
DSCN2015.jpg


帰りはモニターのある機材。
マーボー豆腐をチョイス
DSCN2016.jpg


何度も言っていますが、松山機場⇔羽田はどちらも市内へ近く大変便利。
成田便を利用する特段の理由がない限りは、羽田便をおすすめします。

「Everyday、カチューシャ」選抜メンバー26人発表

立て続けにAKBネタ。すでにおとといのニュースですが一応。

----------------------------------

「Everyday、カチューシャ」選抜メンバー26人発表

「team A」多田愛佳、倉持明日香、小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子
「team K」板野友美、大島優子、菊地あやか、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依
「team B」河西智美、柏木由紀、北原里英、小森美果、佐藤すみれ、増田有華、宮崎美穂、渡辺麻友
SKE48「team S」松井珠理奈、松井玲奈
NMB48「team N」山本彩、渡辺美優紀

----------------------------------

多田愛佳、倉持明日香、菊地あやか、小森美果、佐藤すみれが入ったのかぁ、NMBから2人かぁ、山田菜々はどうした!
とか言いたいことはありますが、NMBからも入れるとなると選抜の枠を増やさざるを得なかったということなのでは?



これはもはやAKB48の選抜メンバーではないですね。


各地の48(SDNだって入ってもいいはず、HKGなんていうのが出来てもいいはず)から選抜されたチームを作るのは大賛成ですし、それがこのプロジェクト究極の形である気がしますが、それはAKBとは別モノとするべきではないかと思います。


ただ首都東京にあり、一番初めに出来て、人気を獲得したチームがAKBであるというだけで、
各地の48の一つにすぎないのですから。
ダンスではAKBよりも他のチームの方が上ということを言う人もいるぐらいです。
とりあえず便宜的に代表格であるAKBの名前を使っているなら仕方ないことだと思いますが。


なかなか報われないメディア露出少ないメンバーや研究生のことを考えると、
毎回他のチームからゲストを入れるのではなく、純粋にAKBからのみ選抜するシングルも必要な気がします。

『桜の木になろう【通常盤】』全国握手会イベント 広島 レポ

まだ、台北の帰りの松山機場の話をアップできてないのですが
ホットな話題の方を先に。


SSAの全国握手会は都合が合わず参加できなかったので、
Beginnerの岩手握手会を経験し、もう行くまいと決めたにもかかわらず、広島の全国握手会に参加してしまいました(笑)


広島握手会の概略は以下の通り
----------------------------
●4月17日(日) 中国:広島グリーンアリーナ

【イベント参加メンバー】
多田愛佳・倉持明日香・指原莉乃・高城亜樹・前田敦子・板野友美・大島優子・菊地あやか・仁藤萌乃・横山由依・柏木由紀・北原里英・佐藤亜美菜・佐藤すみれ・渡辺麻友

【握手会参加メンバー・握手会レーン】
●ソロレーン(4レーン)
①前田敦子
②大島優子
③渡辺麻友
④柏木由紀

●2人組レーン(8レーン)
⑤板野友美・野中美郷
⑥高城亜樹・田名部生来
⑦内田眞由美・指原莉乃
⑧岩佐美咲・菊地あやか・北原里英
⑨無し
⑩倉持明日香・佐藤すみれ
⑪多田愛佳・仁藤萌乃
⑫佐藤亜美菜・横山由依


<整理券配布時間> 9:30~16:00
<イベントスタート> 13:00
<終了予定時間> 17:00

----------------------------
以下、レポです。私の勘違い・記憶違いがあったらすいません。



広島グリーンアリーナは、市内中心部にあり、大変行きやすい。SSAや大阪ドームも中心部から外れてるし、岩手は酷かった(笑)
9時前に到着。既に長蛇の列。正直、想定以上の行列だった。でも、もっと早く行けばAブロックが取れるとも限らないんだろうし、疲れてしまうのでこれ以上早く行くつもりはなかったが。


CDを買えば無料で参加できるイベントなだけに、
これ以上CDが売れたら会場のキャパの問題・予算の問題があるだろうし、客層の問題なんかを考えると、これからも継続可能なイベントなのか?なんて思いながら並んでました。


9時30分過ぎ、列が少し動き始める。
入場できたのは11時すぎ。Bブロックの4列目ぐらいに陣取る。小柄な私はBブロックとはいえ、やはりスタンディングではステージが見えない。ステージから遠くなってもいいから、傾斜のついたスタンド席がいいな。スタンド席は女性・ファミリー席はになっていて、良いアイディアだと思うので、男でも希望する人はスタンド席に入れるようにしてほしい。


イベントは10分遅れで開始。「会いたかった」「言い訳Maybe」、むちゃ振りコーナー、「桜の木になろう」「誰かのために」。13時50分前にはイベント終了。


握手会は女性・ファミリー席から開始。その後、番号順に呼ばれる。
ここでも初回握手の方式を採用。私は5000番台だったので、呼ばれたのは15時30分。

どのレーンに行くか非常に迷った末、推しである柏木レーンをチョイス。
7月に劇場版で柏木さんと握手することは決まっているので、ここでは大島レーンや北原+2人レーンに行こうかとも迷ったが、
推しなのに実は柏木さんと握手したことが無かったため(笑)、結局柏木レーンに行きました。どのレーンに行くか迷ったように、何が何でもというほどの推しはいないのですが、これで胸を張って柏木さんを推しメンと言えそうです(笑)
握手券を複数持っていれば、こんな悩ましい選択はしなくていいんだけど。


相変わらず、剥がしは早い。
後ろに何人か並んでいる状態だと剥がしが早いので、ちょうど途切れたところを狙うのが良いのかもしれませんね。


16時すぎに休憩が入る。今回は研究生が不在なので、ミニライブは無しとのこと。

終了予定の17時を過ぎても、すべての番号を呼びきっていなかったため、時間延長。

17時40分にチケット無い人は追い出される。最後に挨拶があるかと思って待っていたが、遅れていたせいか予定してないのか知らないが、何もないということだろう。


----------------------------
感想


違うチケットで係員を騙して握手しようとする若者、特攻服にメンバーの名前を入れているグループなど、やはり劇場とはファン層が違う気がした。地方だからというのもあるのだろうか。

古参が、自分たちが応援してきたAKBとは別物になってしまったと嘆き、握手会離れをしているのが少し分かる気がする。アイドルが一部オタのものから、人気が出て大衆化していく過程として、若いファンが増えていくこと(それに伴う弊害が多く出てくること)は、仕方ないことだと思うが。


前回参加した岩手のときも思ったが、苦労対効果が悪いイベントだなぁと。朝早くから並んで、 始まってもステージほとんど見えないし、4曲+αの30分ほどで終わりで、長時間待たされたあげくの握手はすぐ剥がされるし。横アリ中止、劇場がまったく当たらないから、AKB不足感を補うために行ったという感じ。


個人的な希望としては、女性や子供がいなくてもスタンド座席を希望できるようにしてほしい。
座って待ちたい・見たいし、小さくしか見えなくても全体が見えたほうがマシだから。

「AKB48 21stシングル「Everyday、カチューシャ」劇場盤」抽選

推しメンと握手はできそうですか?


売れ行きの推移を見ていると面白いですよね。
推しメンというよりは、とりあえず売り切れそうな人を申し込んでおくという傾向(笑)


劇場版を買っているのはコアなファンが多いでしょうから、
総選挙はCDを1枚だけ買うような比較的ライトなファン層の投票結果に左右されることを考えると、
ここでの売れ行き=総選挙の結果とはいかないのでしょうなぁ。


柏木さんは握手会対応の良さからか抜群の売れ行きですね。下手すると1番の売れ行きでは?なんて思ったり。
推しメンなので総選挙でも上位に入ることを期待。



あと、個人的には研究生の人気順に注目しています。


去年の選抜総選挙では島崎さん・鈴蘭さんが40位以内に入っているわけですが、

人気順が変わっているのか、握手会対応に左右されているのか分かりませんが
大場さん・森さんの売れ行きが良いですね。

NMBメンバーが入ってくるかも含め
アンダーガールズのメンバーが面白いことになるんじゃないですかねぇ。

ゆっぱい

ANNでの亜美菜さんの暴走発言はウケました。
AKBも下ネタ有りなんですね。


個人的には○っぱい星人なもんで、大好きなネタです(笑)
本人含め、各所の反応も気になるところです。


でも、増田さんって特別大きい方なんですかね?
映像などで見る限り、チームBで言っても、
同じぐらいかもう少し大きいメンバーも居そうな気もしますけど。

(私的には、柏木さん、大島さん、大場さん、島田さんあたりに注目を・・・笑)


増田さんとしては開き直って、ゆっぱいをネタにするぐらいでいいんじゃないですかね。
立派なものを持っていると誉められているわけで、嫌な気はしないと思うんですけど。

むしろ、選抜総選挙での一発逆転を狙った、本人発信の演出だというのは考えすぎでしょうか(笑)

公演が当たりませんねぇ

公演が当たりませんねぇ。


本当に純粋な抽選だという前提を置いて、(もっと高いでしょうが)抽選倍率を100倍だと考えても
100回申し込んで1回当選するということなので、まあ当たらない状態が当然だとも言えますね。

チケットセンターがつながりにくくなっていることからしても、
横アリの中止、公演の休止があったため、余計にAKB不足な状態になり、最近はさらに倍率が上がってることが
容易に想像されます。

オンデマンドがあるし、公演メモを取ってくださっているブログがあるので
大体の様子は掴めるわけですが。


以下、愚痴です(笑)
-------------------------

このままいけば、公演が定期的に見れるようになるのはブームが去ったときという
皮肉とも言える状況になりかねませんねぇ。

公演体制を変更して、チーム公演を増やすことが解決策になるとは考えられません。
むしろ倍率を高めるのではないでしょうか?


もう少し大きなハコでの公演をやってはいかかでしょうかね。
せっかく初期投資した専用劇場があり、賃料はかかり続けるので、劇場も並行して使用すればいいでしょう。

正規メン・研究生ともに人数が増えるわけで、
土日は、研究生は劇場、チーム公演は第二劇場なんてことも不可能ではないのでは。
障害があるとしたら、メンバー・ファンの劇場への愛着だけでしょうね。


(だいぶ私情が入ってると思いますが)
希少価値を出すために、当たりにくくするのは戦略としてアリだと思いますが
これだけ見たい人がいるのに当選しないというのは、収入の機会を損失しているような気がするのは気のせいでしょうか。

せっかく今ブームが来ているわけで、ブームは長く続かないのだから
いま策を打たないで何時打つのでしょうか。

興味半分で見に来る人を劇場に取り込むことができれば、より基盤を固めることができると思います。

ちょっと興味を持った人でも、あまりに当たらないと、申し込み自体を諦めてしまうのではないでしょうか。古参のファンも会いに行ける機会が激減することで離れていくだろうし。

-------------------------

というか、私のような素人が考えているぐらいですから
プロである運営が考えていないはずは無く、実施していないということは

現状維持の方が望ましく、そこまでする必要はないという判断があるのか、
私たちには分からない何らかの事情がある、ということなんでしょうね。

ルメリディアン 台北

シャングリラからタクシーで移動。

新しいホテルだからか、ルメリディアンを知らない運転手。適当に大通りを走って、途中で会社に電話して聞くという適当ぶり。知らないなら確認してから走ってほしい。
タクシーを利用する際は、ホテル住所が書いてあるものを持っていったほうがいいです。


ルメリディアンは、台北101のある信義地区。私は新興開発地区が好きなので、台北に来たら外せないエリア。
このエリアはグランドハイアットしか選択肢が無かったわけで、W台北とメリディアンができたことはSPG派の人間には大変ありがたい。
グランドハイアットのほうが101には近いが、駅に近いのはWやメリディアン。


ホテルに到着。レセプションは小さい。
DSCN2008.jpg
DSCN2007.jpg
プラチナメンバーだと分かると、最上階のラウンジへ連れて行かれてチェックイン。

部屋の準備ができるまでラウンジで飲み物を飲んで待たされる。日本語で話しかけてくれるスタッフもありがたい。チェックアウト時には日本人のスタッフもいた。


カクテルタイムにもラウンジに行ったが放置系。腹が膨れるものは無いし。
プラチナは部屋のミニバーのビールが無料ということもあり、あまり客も来てないのかなぁ。
DSCN1984.jpg
DSCN1985.jpg
DSCN1986.jpg


部屋はSPGフロアの台北101の見えるジュニアスイート。
DSCN1989.jpg
DSCN1990.jpg
DSCN2003.jpg
DSCN1991.jpg
DSCN1992.jpg


ネスプレッソ、大きな液晶テレビ、IPODを繋げられる装置、ウォシュレット、電動カーテン、風呂テレビ。
新しいって素晴らしい。
シェラトン・ウェスティン・シャングリラは設備に少し古さを感じるわけで、台北で新しいホテルって貴重。
DSCN1993.jpg
DSCN1998.jpg
DSCN2005.jpg
DSCN1997.jpg


灰色を貴重としたシンプルで洗練された印象の客室。ルメリディアンに来たなぁという感じ。
ここもロクシタン(バーベナ)。台湾のスターウッドはロクシタンを用意することになってるのか?他国でもロクシタンを用意してほしいものですね。
DSCN1999.jpg


ベッドルームにも大きなテレビ
DSCN1994.jpg
DSCN1995.jpg
DSCN1996.jpg


残念なのは、DVDプレーヤーがリージョンコードエラーだったことと
新興エリアであるためか、隣の敷地が工事中であり、日中はずっと工事音がしたこと。


プラチナはラウンジもしくは1Fレストランでの朝食が無料。あとミニバーのソフトドリンクと酒はビールも無料。

朝食は1Fレストランへ。炭水化物の種類が少なめなのが残念だったが、全体的な種類の数としては問題なし。
特筆すべきはハーゲンダッツのアイスが3種類置いてあったこと。他のアイスを含めると9種類ほどあった。


久しぶりに当たりのホテル。新興開発地区が好きな私としては、台北で外せないホテルになるだろう。
プラチナへの待遇が良い点もうれしい。次はWにも泊まってみたい。

初台北の人に高級ホテルのプランを立てるとすれば、台北駅周辺(グランドフォルモサリージェントorシェラトン)と信義地区(W orメリディアン、グランドハイアット)かな。
信義地区のホテル選択肢が増えたこと、羽田⇔松山便ができ大変便利になったことからも、台北旅行の絶好の機会だと思う。

4/9・10 土日の公演

土日の出演メンバーが発表されましたね。


土曜にRESET公演。土日にシアターの女神公演以外をやるのって、かなり久々では?
少なくとも私が申し込み始めてからは記憶にありません。


大島さん・板野さんが昼おやつ共に休演ですが
研究生を入れて無理やり成立させてるわけではないので、新体制の成果ではないような。
もともと握手会があったわけでスケジュール押さえてたはずだし。



日曜はシアターの女神公演。しかし一人も正規メンが入っておらず、いわゆる研究生公演。
誰も都合がつかないわけは無いだろうから、意図的に研究生だけにしているのでしょう。

一部に研究生公演が無くなることへの寂しさを訴える人もいたようですが
これを見る限り、敢えて研究生だけの公演も続けていくということですかね。


そういう私も、研究生は場数をこなして成長していくことが必要なわけで、研究生だけの公演なしで
アンダー出演のみではダメだと思ってましたので、運営はまともな判断をしたと思います。


メンバーを見る限り、9期フル+私が思うに10期と11期の主力メンバー なので
3000円取っても問題ないほどの安定した公演が見れるのではないでしょうか。


土日どっちも見たいですね。
震災翌日のキャンセル待ち当たってたんだけど、その辺の考慮はないのかねぇ。
同じキャンセル待ち番号でいいから、当たんないかな。

劇場公演について

GWの予定は決めましたでしょうか?
握手会や公演を見送って、海外旅行に行くことに抵抗感を感じ始めています(笑)



それは置いといて、
トガブロに「劇場公演について」というエントリが上がっています。


要約すると、

・チーム公演、研究生公演という形ではなく、「目撃者」公演、「RESET」公演、「シアターの女神」公演
という形でスケジュールを発表し、今後は研究生を含めて、出演メンバーを発表する。

・研究生が過半数だった場合は2.000円、チームメンバーが過半数だった場合は3,000円とする。

・バランスよく公演を行うことができ、倍率を下げることができるのでは。


とのこと。

4/8から適用のようで、出演メンバーがすでに発表されています。


ここまでの情報だけで判断すると、新セットリストでもなく、チームシャッフルもなさそうだということ。

研究生が3人出演となっていますが、正規メンを押しのけての出演なのかは不明です。
正規メンが休演だから研究生が出てるということならば今までと変わらないですねぇ。


バランス良く公演を行うということは、先に公演スケジュールありきで、
後からメンバーを割り当てるということなんだろうな。

超選抜が公演に出れないという状態は変わらないんでしょうけど、
あまりメディア出演のないチームメンバーにとっては公演回数が増えるのはチャンスですよね。

研究生としても、研究生公演とチーム公演のアンダーという激務が軽減され、
自分の担当する公演だけに出演すればよくなるということなんでしょうね。

つまり、研究生の負荷をメディア出演のない正規メンバーが一部負担をするということでしょうか。




誰がレギュラーメンバーで誰がアンダーメンバーなのか、昇格内定の研究生はどのチームに配属なのかについては
そのうち発表されるのを待つしかなさそうです。


研究生が過半数の「RESET」公演とか個人的には見たいんだけど、
人々は「RESET」公演を見たいのではなく、大島さん・板野さんが見たいから申し込むわけで、
たまに超選抜メンが出るときの公演は取りづらいという状況は変わらないでしょうね。


シャングリラ ファーイースタンプラザ台北

その都市にあれば1泊は泊まることにしているシャングリラ。
DSCN1981.jpg
DSCN1980.jpg

ホテルのHPで、スーペリア朝食込みで8745ドルだったのだが、
HISでスーペリア朝食なしで15000円(3.29で計算すると4600ドル)を発見。

例のごとく、レセプションでホライズンへのアップグレードの追加料金いくら?ってきいたら2000ドル+税とのこと。
結局、7000ドルほどでホライズンに泊まった計算になる。ちなみにホライズンはラウンジか6Fレストランでの朝食が付いてます。
DSCN1982.jpg
DSCN1983.jpg

Fourpointsとは違って、ダークブラウンの木材が高級感を感じる。
部屋入って左がバスルーム
DSCN1970.jpg
入ってすぐ右がクローゼット
DSCN1971.jpg
アメニティはロクシタン。洗面所に小さなテレビが置いてあるが、リビングのテレビ音を聞けるようにはなっていない。
DSCN1974.jpg
DSCN1973.jpg
DSCN1975.jpg
DSCN1976.jpg
DSCN1977.jpg


IPODドックも無いし、テレビのインチが小さいなど設備・機材が最新ではない。
DVDプレーヤーは普通に使える。


いつもスターウッドではDVDがリージョンコードエラーで、シャングリラでは見れる。
よく考えたら、リージョンコードエラーになるのが普通だよね?なぜシャングリラは見れるのか(笑)

メーカーに特注してるとか?
上海のシャングリラではyoutubeにも繋がったりしたし、客の利便性のためにをかけているということなのか。



気になった点は、部屋のレイアウトが使いにくいこと。
ベッドに横になってテレビを見るにはテレビが小さすぎる。
さらに、足を伸ばせるソファーが無く、デスクやテーブル・椅子の位置もテレビが見れるような配置になっていない。


ラウンジもそんなに広くはなく、スパークリングすらなく食事系は少ない。
DSCN1979.jpg
6Fの朝食は、当たり前だがフォーポインツとは比べものにならない種類の多さでした。
ホテルの隣には香港や上海にもあるシティスーパーがある。日本の物も多く大変便利。



泊まってみた感想としては、シャングリラの中ではレベル高い方だったとは思わないなぁ。

シェラトン台北を基準に考えると、シェラトンのラウンジ飯は充実していたし、エリア的にもシェラトンの方が断然良いし、ある程度の部屋ランクからはロクシタンだったことを考えると、
シャングリラファンの私がひいき目で見ても、総合点では若干シェラトン台北に負けてたりするかもしれない、なんて思ったりします。

プロフィール

ニクソン

Author:ニクソン
元々はホテル・旅行のブログだったのに
ヲタブログ化(笑)
最近の興味は専ら、NMB48・AKB48など。

推しメンは
・門脇佳奈子さん
・田野優花さん
・山本彩さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。